とらふぐの毒について

こんにちは。

今回はとらふぐの毒についてお伝えしたいと思います。

とらふぐ=猛毒を持つ魚とイメージする方もいらっしゃると思います。

事実、とらふぐの毒による死亡事故も毎年起こっています。

とらふぐは体内にテトロドトキシンと言う猛毒が蓄積されています。

人のテトロドトキシンの致死量は1~2ミリと大変微量です。

少しの量でも呼吸困難に陥り死亡に繋がってしまいます。

この毒は青酸カリの約850倍と言われる猛毒です。

では、なぜふぐの体内にテトロドトキシンが溜まってしまうのか。

それは、天然のふぐが食べるエサに関係しています。

天然のふぐは主に貝や海藻を食べて生きています。

それらの中には毒をもっている生物もあり、その毒が体内に溜まっているため、

取り除かなければヒトの命を奪ってしまうのです。

そのため、ふぐを処理する為には「ふぐ調理師免許」が必要なのです。

養殖されたふぐは管理されたエサを食べて成長するので、天然のふぐのように

体内に毒を持ってはいません。

しかし、天然、養殖に関わらず、ふぐを調理・提供するためにはふぐ調理師免許

が必ず必要です。

ですのでくれぐれも、ご家庭で「ふぐが釣れたから~」等と言って、他の魚と同じ

ようにさばいて食べる事は絶対にしないで下さいね!!

みなさんもふぐ料理を食べる際には、ふぐ調理師免許を持っている方が処理した

ふぐかどうか、きちんと把握してから食べましょう。

当店のとらふぐはもちろん安心・安全なものしか提供していませんので、

ご安心して美味しくお召し上がりくださいませ~

今後も「内野屋」をよろしくお願いいたします。

 

とらふぐの通販なら「内野屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です